菱研(菱法律経済研究所)は経済、経営の話をする場

菱研(菱法律経済研究所)は、むかしは、ビッグビジネスという名称で、それが菱研、菱法律経済研究所となったということであったと思います。

「菱研は税金対策のためにやっている」というおかしな書きこみを見ましたが、全く関係がないと思います。

観音様が33相に化身されるように、深見先生が、経営者の体験を活かし、ビジネスの話をする場が菱研(菱法律経済研究所)であると思います。経済の話をするところですよね。

深見東州先生は信仰に基づくビジネスで、相手良し、我良しというみんなが幸せになる経済や経営を研究していおられますし、当初から、そういう場として、菱研(菱法律経済研究所)が存在していたと思います。

その対象が、個々の企業単位での話だけでなく、もっと大きなレベルの話も手がけられて、進化されているのをだと感じます。ですから、経済と密接に関わる政治の話もされるようになり、政治家の方に、菱研(菱法律経済研究所)の顧問に就任してもらったということなのだと思います。

それにしても、新党大地の鈴木宗男先生、国民新党の亀井静香先生、新党改革の西村眞吾先生、元社民党の国弘政雄先生、元新進党の栗本慎一郎先生など、党派を超えて、広くお付き合いをされているのが、深見先生であると思います。一部の、職業ブロガー(お金をもらってワールドメイトの中傷活動をしている人々)の自称元会員コト ゆきちゃんコト 馬さん、雌鶏ブラスバンドさん、新米薬寿師さん、霊感商法110番さん、シディアス卿さんなどが、深見先生が清和会の人だなどとデマをかきつづけているようですが、本当に単なるデマであるとわかる実例ですね。深見先生が清和会の人であるならば、こんなにたくさんの党の方が協力されるはずはありません。深見先生と森さんは、日印協会の会長と理事かなにかの間柄だということなので、3~5秒くらい、建物の入り口ですれ違って、ご挨拶をされるくらいはふつうのことだと思います。

党派を超えて、本当に、国にとって善なるあり方を模索されているからこそ、さまざまな方と広くお付き合いをされているのだと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント